明治初年、日本の夜明けと供に小島洋酒店は誕生しました。

伝統工芸

米沢織物
米沢には東北一の伝統織物産業があります。
【草木染】や【紅花染】の優美な絹織物として有名な米沢織物です。自然素材が特徴でやさしい風合いを醸し出しています。
歴史をたどると江戸時代にさかのぼり、上杉鷹山公の時代に、絹糸を自然の染料で染め上げ、織り上げてきた伝統は、現在までなにひとつ変わらず続いています。
蚕のつくる繭から紡いだ生糸は撚り合わせられ糸繰機で「カセ」と呼ばれる糸の束にされて、タテ糸、ヨコ糸とそれぞれ染められます。
染料は紅花をはじめ、カリヤス、藍、くちなし、ざくろ、くるみなど、植物が原料で、通常、一反織り上げるのにシンプルなものでも約10日、複雑なものになると2ヶ月以上もかかるそうです。



Copyright © 2019 小島洋酒店“米沢:橘や”