明治初年、日本の夜明けと供に小島洋酒店は誕生しました。

相良人形

おたふく相良人形は、米沢の土人形で堤、花巻とともに東北の三大人形の一つです。

江戸時代に米沢藩主・上杉鷹山の産業復興のため、藩士・相良清左衛門厚忠に命じて製陶所を設けて生まれた工芸品です。

清左衛門厚忠は、元来諸芸に通じ彫刻もたしなんでいたので、京に遊んだ際、伏見人形に感銘を受け、木彫の人形型を作りこれをもとに独自の土人形を完成させたそうです。



Copyright © 2019 小島洋酒店“米沢:橘や”