長崎を食べてみんね、飲んでみんね!長崎の特産品を産地直送でお届けします!

ミゲル・トーレス サンタディグナ エステラード・ロゼ

1,836円

ポイント:17pt ポイントについて


【生産国】  チリ
【生産地域】  クリコバレー
【 色 】 ロゼ
【タイプ】 スパーク・辛口
【ぶどう品種】  パイス種100%



エステラード・ロゼはチリの伝統品種「パイス種」を栽培してる約5,000軒のパイス栽培農家を救う試みとしてチリ政府が中心になり始まった商品。発売後、あまりの高評価に、なかなか日本まで入ってこれなかった幻の1本だったワインです。

 


 
ミゲル・A・トーレス  Miguel A Torres
『チリワインの先駆者』
 
世界の高級ワイン生産者11家族で構成する協会PFV「プリムム・ファミリエ・ヴィニ」の発足者でもあり、世界のワイン業界の発展をもたらした功績が認められ、英国ワイン専門誌デキャンターに「マン・オブ・ザ・イヤー 2002」に選ばれるという栄誉に輝いております。
 

「ミゲル・トーレス チリ」は、トーレス社の社長 ミゲル・A・トーレス氏により1979年、チリに設立されたトーレス本家のポリシー「量より質重視」を受け継いだ、プレステージワイナリーです。
新世界ワインブームの立役者となったチリですが、現在のような世界品質のワインとして認められるようになった背景には、トーレス家のチリ進出が重要な役割を果たしています。
トーレスのチリへの進出は、「チリワインの歴史における重要な3日間」のひとつに数えられます。
 

 
【チリワインの歴史における重要な3日間】
 
※1548年 チリへの最初の植樹(フランシスコ・デ・カラヴァンテス)
※1851年 フランス原産種の導入(シルベストーレ・オチョガヴィア)
※1979年 最新鋭技術の導入(ミゲル・A・トーレス)




カートに入れる:

Copyright © 2017 長崎うまかチャンネル