豊富な品揃え、お買い得商品が目白押し!

パリンカ 700ml 40%

3,994円

ポイント:36pt ポイントについて

ルーマニアの大自然の恵みをあなたのもとへ

ルーマニアの伝統的な“プラム”のフルーツブランデーの「パリンカ(700ml・40%)」。

「パリンカ(700ml・40%)」は、ルーマニアの伝統的な蒸留方法でつくった唯一のお酒です。
100%プラムのみを使用し、フルーティーな香りと味わいで女性にも大好評のブランデーです。

「パリンカ(700ml・40%)」は、プラムを3度蒸留し、無添加・無香料(エチルアルコールや着色料、香科を加えることなく)つくられています。

プラムのフルーティーな香り、熟成感の強いカラー、のど越し温まるフレーバーが特徴です。

パリンカ,ブランデー

本物の『パリンカ』をつくるには、職人技です。
好みの味やアルコール度数をつくりあげるには、最初の材料の量を調整する必要があるからです。
マラムレシューの一般的な『パリンカ』は約60度で3度蒸留してあります。トランシルヴァニア地方の南部では、アルコール度数は下がるものの、プラムのフルーティーな香りが増した『パリンカ』がつくられます。

ショットグラスに注いだ際、純粋な『パリンカ』には細かい泡ができます。地元の人はその泡を「パール」といいます。
通常『パリンカ』は、ワインづくりが終わった10月初旬〜12月初旬の間につくられます。翌年に作業を残さないためには、クリスマス前に終わらせるのが慣わしです。

プラムを使用する場合、パリンカづくりを開始する6週間〜8週間前に、大きな樽にプラムを入れ、発酵させます。

伝統とルーマニアで定めている基準(SR)によると、蒸留は真鍮製(黄銅)の蒸留器でおこない、木材や炭などで火をおこします。伝統的な蒸留作業は、そのためだけに特別に建てられた小屋の中でおこなわれることが一般です。
火の温度は、蒸留器の音を聞き、製造の途中途中で味見をし、その結果、適性温度を判断、調整します。

パリンカ,ブランデー

大半のパリンカは、蒸留した後オーク製の樽に入れられ、そこで半年から20年の熟成させるものもあれば(黄金色になり、香りも増す)、すぐに消費されるものもあります。

ルーマニアの大自然の恵み「パリンカ(700ml・40%)」。是非プラムのフルーティーな香り、熟成感の強いカラー、のど越し温まるフレーバーをお楽しみください。


【容量】700ml
【アルコール度数】40%
【メーカー】アピコラ
【産地】ルーマニア


カートに入れる:
  • 商品コード: 261409