滋賀のお酒やグルメなら近江うまいもん街道

2011 年 1 月のお知らせ

竹内酒造株式会社

2011 年 1 月 26 日 水曜日

■蔵の歴史・銘柄の由来

清酒『香の泉』は豊かな自然と人情あふれる宿場の街・石部で生まれ、近江の地酒として親しまれてまいりました。銘柄の由来は、極上の旨さが香る、香りの高い酒(高品質の酒を育てること)を目指し命名。「フレッシュ&フルーティー」をモットーに酒づくりを続けており、『全国新酒鑑評会』においては、平成13年に金賞を初受賞、その後は16年17年18年と三年連続金賞を受賞、南部杜氏自醸清酒鑑評会では、16年第三席、18年には首席を受賞、また平成19年より催されている滋賀県酒造組合主催「滋賀地酒の祭典」では、第2回、第4回と5回最優秀賞である「滋賀県知事賞」を受賞しております。

 

このお店の商品をみる

川島酒造株式会社

2011 年 1 月 26 日 水曜日

■蔵の歴史・銘柄の由来

当蔵は、大政奉還の約二年前、慶応元年(1865年)に初代当主弥之助によって創業されました。創業時、酒蔵建設のため松の古木をやむを得ず伐採しましたが、古松に対する偲び難い思いを込めて当蔵の清酒を“松の花”と命名しました。以来百四十余年、創業の祖の心を心とし、一筋に酒の真髄を追い求めてまいりました。豊かでコク、まろやかな喉ごし、そして比類なきほどに芳醇な香りどこから愛でても満足のいく深くたおやかな味わいが長い歴史に磨かれた「松の花」の身上。酒は本来、素朴、端正をもって極上とする。この信念に支えられ創業以来たえず飲む人の健康を考え、本物の味を求め続けている蔵人の心意気が永々と息づいています。

このお店の商品をみる